欠陥住宅と対処方法

欠陥住宅とは、住宅としての機能を果たさない、本来の契約に反する暇庇(キズ)のある住宅をいいます。かつて耐震偽装マンションが大きな騒ぎになりましたが、戸建て住宅でもトラブルは少なくありません。とくに、東日本大震災以降、木造住宅の耐震についても関心が高まり、消費者にも欠陥住宅を見抜く知恵、またトラブルにあったときの対処法などの知識が求められています。

 

暇庇判定の基準

 

建築物の暇庇とは、①建築基準法国等の法規違反があること、②売買・図請負契約に反していること、③通常悶圃の品質・性能に比して劣っていること、④経済的交換価値が損なわれていること、などをいいます。①は法規に違反した設計や施工がなされている場合で、②は使用材料や取付器具が契約どおりではなく、また契約どおりの仕様が施工されていない場合です。③は仕様どおりの性能が期待できない、部品の品質が仕様書どおりでない、施工後の納まりが悪い、納品商品にキズがあるなどで、④は外観が見苦しい、安全性が損なわれている、居住性能(使い勝手)がよくない、維持保守のために過大な経費がかかる、などです。以上の判定基準に従い、当該建築物を点検し、暇庇があれば速やかに対処する必要があります。なお、住宅性能表示と建物の基本構造部分につき、叩年間の暇抗担保責任を義務づけた(担保責任の特例)住宅品質確保促進法が制定・施行されています(却年まで伸長可能)。相続した家や土地 を高値で売却したい方へ詳しくはコチラ。

中古マンションをかったら売主が滞納した負担金を払えと言われた

Q.友人かう、築初年のマンションを1200万円で買いましたが、管理合かう彼が滞納した修繕積立金1年分計四万円を請求されたのです。払わないといけませんか。また、2年後に各戸200万円すつ負担して大修
繕という話しも初めて聞きました。修繕積立金や大修繕の費用を、いまかう値引きさせて取り戻せません。

 

マンションの住人は、建物の維持や管理のため管理費などを負担する義務を負っています。将来の修繕費を、住人の議決により、事前に徴収し積み立てる修緒積立金もその1つです。住人が、それを滞納したまま区分所有権を売り払った場合、その義務は新しい買主が負うことになります。あなたは友人が滞納したお万円を払わなければなりません。
もちろん、知らずに契約したのであれば、売主にお万円を支払うよう求償できます。支払いを拒んだら、少額訴訟を起こすのもよいでしょう。ただし、その分を考慮して売買価格を決めている場合もあるので、念のため、契約書を見直してください。たとえば、負担金の未払い分も買主が負担する旨の特約があれば、買主が払、つしかありません。次に、大修繕の件ですが、売主は業者ではなさそうなので、この取引には宅地建物取引業法も消費者契約法も適用されません。民法の錯誤を主張する余地はありますが、売主が大修繕の情報を教えなかったことを迎由に、買主が改めて値引きを要求するのは難しいと思います。