買おうとしている物件に借家人がいるが

Q.一軒家を探していると話したら、知り合いが中古で良ければ、自分の持ち家を買ってくれないかと言ってきました。いま現在は賃貸ししているが、借家人は来月末で立ち退くことになっていると言います。その物件が気に入ったので、ぜひ買いたいと思いますが、どんなことに注意したらいいですか?

 

借家人は、賃借物件の所有者(賃貸人)が代わっても、定期借家契約で契約期間が終了した場合などを除けば、引き続き、借家に住む権利があります(借地借家法訂条)。

 

 

新しい所有者(買主)から立退きを迫られても、原則として借家を明け渡す必要はありません。

 

 

言いかえれば、借家人が立ち退かない限り、買主は購入した物件を自分で使うことができないということです。

 

 

賃貸物件を買う場合、まず賃貸借契約書を確認してください。

 

 

定期借家であっても契約の期間中は立退きを要求できませんし、また定期借家でなければ正当な事由がない限り、借家人を立ち退かせることはできません。

 

 
また、「借家人は立退きを了承している」という売主の言葉を鵜呑み
にしてはいけません。借家人に直接、その意思を確認してください。

 

 

借家人にその意思がないと、買主は借家人に対し、改めて賃貸借契約の解除と明渡しを求めるしかなく、正当な事由がなければ借家人を立ち退かすことはできません。

 

 
この場合、買主は購入目的を達成できないのですから、売主との売買契約を解除し、代金の返還を要求できますが、売主が代金を費消していればどうにもならない場合もあります。

 

 
なお、借家人が立退きを了承している場合には、「何月何日までに立
ち退く」などという内容の念蓄をもらっておくといいでしょう。

 

 

後々トラブルが起きた場合、買主に有利な証拠となります。

 

 
しかし、空き家を買う場合と比べ、現に借家人が住む物件を購入するのは、何かとリスクがつきまといます。

 

 
借家人が立ち退いてくれるかどうかも問題ですが、立ち退く借家人から買主に、敷金返還や造作物買取を求めてくることもあるからです。

 

 
借家人のいる物件を、居住目的で購入する場合、できる限り借家人に立ち退いてもらってから、売買契約を締結した方が安心でしょう。

 

 

また、やむなく借家人の立退き前に契約する場合には、「代金支払いは借家人立退き後とする」などという特約を付けるといいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>