欠陥住宅と対処方法

欠陥住宅とは、住宅としての機能を果たさない、本来の契約に反する暇庇(キズ)のある住宅をいいます。かつて耐震偽装マンションが大きな騒ぎになりましたが、戸建て住宅でもトラブルは少なくありません。とくに、東日本大震災以降、木造住宅の耐震についても関心が高まり、消費者にも欠陥住宅を見抜く知恵、またトラブルにあったときの対処法などの知識が求められています。

 

暇庇判定の基準

 

建築物の暇庇とは、①建築基準法国等の法規違反があること、②売買・図請負契約に反していること、③通常悶圃の品質・性能に比して劣っていること、④経済的交換価値が損なわれていること、などをいいます。①は法規に違反した設計や施工がなされている場合で、②は使用材料や取付器具が契約どおりではなく、また契約どおりの仕様が施工されていない場合です。③は仕様どおりの性能が期待できない、部品の品質が仕様書どおりでない、施工後の納まりが悪い、納品商品にキズがあるなどで、④は外観が見苦しい、安全性が損なわれている、居住性能(使い勝手)がよくない、維持保守のために過大な経費がかかる、などです。以上の判定基準に従い、当該建築物を点検し、暇庇があれば速やかに対処する必要があります。なお、住宅性能表示と建物の基本構造部分につき、叩年間の暇抗担保責任を義務づけた(担保責任の特例)住宅品質確保促進法が制定・施行されています(却年まで伸長可能)。相続した家や土地 を高値で売却したい方へ詳しくはコチラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>