移転登記前に買った土地を売られたがどうすればよいのか

Q.高校時代の友人かう、借金整理のために頼まれて買った土地が、移転登記前に無断で第三者に売られ、先に登記をされてしまいました。後から買った第三者かう土地を取り戻すことができますか?

 

残念ですが、取り戻すことはできません。

 

先に土地の売買契約をしても、所有権の移転登記をしていないと、あなたより後に買って、所有権の移転登記を受けた買主がいると、その人にあなたは所有権を主張できないのです。

 

これを不動産の対抗要件(民法177条)といいます。

 
この場合、あなたに土地を売った友人は、あなたに対し移転登記をす
る義務を怠った債務不履行がありますから、あなたは友人に対し、損害賠償の請求をすることができます。

 
以上が不動産売買における売買の効力と対抗力問題の基本原則ですが、第三者があなたが買ったことを知っており、そのうえあなたがその土地に事業計画をしていることを知っているのに、あなたに対する妨害の意図で、友人から買ったという背信的な悪意が認められる場合には、あなたは第三者に対し、登記がなくとも所有権を主張することが許されます。

 
なお、二重売買の売主は、横領罪で処罰されることがあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>