だまされて不動産を売却したが、取り戻すことはできないのか

Q.所有している駐車場の土地300㎡の隣接地が、戦前陸軍病院があった跡地で、最近、そこかう人骨が大量に埋められているとのウワサがたち、買主から私の所有地にも及んでおり、今のうちだかうといわれて、安値で売却しましたが、その話は根拠の芯い話とわかりました。売買契約は取り消すことができますか?

 

売買契約による不動産の取引は、売主と買主の意思表示(合意)で有効に成立します。

 
しかし、買主が、病院の跡地で埋めた人骨があったというウワサを利用して、あなたに誤った判断の材料を与えて、それによる売買契約を成立させたとすると、その契約の意思表示は、詐欺に基づく意思表示となって、取り消すことができると思われます(民法関条)。

 
取り消す方法は、買主に対し口頭でしても有効ですが、後に証拠を残す意味においても、内容証明郵便がよいでしょう。

 
なお、ご質問のような状況で、人骨があなたの土地にも埋められてい
ると誤解した上での契約だとすると、表示された動機の錯誤による意思表示として、無効の主張もできると思います(同法何条)。難しい問題ですので専門家に相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>